8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

洋画
8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

製作国:アメリカ / 製作年:2020年 / 初公開日: 2021/07/31 / 配給:Color

概要

広島に投下された原子爆弾によって被爆した父の体験を、娘の美甘章子さんがつづったノンフィクション小説「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」を映画化。戦争や原爆の悲惨さや、絶望的な状況を乗り越えようとした父の生きざまと、父から娘へ受け継がれた平和への思いを描く。著者自らエグゼクティブプロデューサーを務め、 J・R・ヘッフェルフィンガーが監督を担当。『JUDGE/ジャッジ』などの田中壮太郎、ジョナサン・タニガキ、エディ・大野・トオルらが出演する。

あらすじ

1945年8月6日、広島。父とともに建物疎開の準備をしていた19歳の美甘進示は、自宅の屋根に上り瓦を剥がしていた。その時、激しい光が進示を襲い、一瞬にして暗闇の中へと突き落とす。世界で初めて投下された原子爆弾は広島中を焼き尽くし、7万人以上もの命を奪った。焼けただれた体を引きずりながら助けを求めてさまよう進示は、激痛から解放されたい一心で死さえ願うが、父の力強い言葉に支えられ、懸命に前へ進むのだった。それから40年後、進示の平和への願いが形となってニューヨークの国連本部に届く。しかしその数年後、ニューヨークを訪れた進示の娘・章子は驚くべき事実を知る。

キャスト

田中壮太郎、ジョナサン・タニガキ、エディ・大野・トオル、美甘進示、美甘章子、ユーリ・チョウ、松坂龍馬、ニニ・レ・フュイン、アーサー・アクシス

予告動画

タイトルとURLをコピーしました