007 私を愛したスパイ

洋画
007 私を愛したスパイ

製作国:イギリス / 製作年:1977年 / 日本劇場公開日:1977年12月10日 / 配給:ユナイト / 上映時間:125分

概要

KGBの美女スパイと共に敵地へ乗り込んでいくJ・ボンドの姿を描く「007」シリーズ第10弾。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、脚本はクリストファー・ウッドとリチャード・メイバウム(ノヴェライゼーション/クリストファー・ウッド著『新わたしを愛したスパイ』早川書房刊)、原作はイアン・フレミングの「わたしを愛したスパイ」(早川書房刊)、撮影はクロード・ルノワール、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。

あらすじ

英ソの原潜が行方不明になるという事件が発生、にわかに東西の緊張が高まる。事態を憂慮した英国情報部は、真相究明をボンドに命じた。一方同じ頃、ソ連でも自国の原子力潜水艦が消えたとの情報が入り、KGBの女スパイ、アニヤがその捜索にあたる。そして2人は、それぞれ手掛かりを追う中で出会い、共同で捜査に奔走。するとやがて、地中海の海底に基地を持つ海運業のストロンバーグが潜水艦を悪用した世界征服を狙っているのでは、という疑惑が浮上する。はたして、ストロンバーグの巨大タンカー内に消息を絶っていた英ソの潜水艦を発見し、ボンドは同じく調査にあたっていた米海軍と共に潜水艦の奪還に挑むが…。

キャスト

ロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、キャロライン・マンロー、リチャード・キール、バーナード・リー、デスモンド・リュウェリン、ロイス・マクスウェル、ウォルター・ゴテル、ジェフリー・キーン、ジョージ・ベイカー、マイケル・ビリングトン、ロバート・ブラウン、オルガ・ビセラ、ヴァーノン・ドブチェフ、ナディム・サワラ

予告動画

タイトルとURLをコピーしました