八日目の蝉

邦画
八日目の蝉

製作国:日本 / 製作年:2011年 / 日本初公開日:2011年4月29日 / 配給:松竹 / 上映時間:147分

概要

直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃密な時間を過ごした逃亡生活の顛末と、誘拐犯に育てられた少女が成長し、やがて自らの過去と向き合う姿を描く。監督は「ミッドナイト イーグル」「孤高のメス」の成島出。

あらすじ

1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

キャスト

井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、渡邉このみ、市川実和子、吉本菜穂子、相築あきこ、別府あゆみ、安藤玉恵、安澤千草、蜂谷真紀、松浦羽伽子、ぼくもとさきこ、深谷美歩、畠山彩奈、余貴美子、平田満、風吹ジュン、井上肇、宮田早苗、徳井優、広澤草、野中隆光、管勇毅、荒谷清水、日向とめ吉、瀬木一将、吉田羊、日比大介、劇団ひとり、田中泯

予告動画

タイトルとURLをコピーしました