セデック・バレ 第一部 太陽旗

洋画
セデック・バレ 第一部 太陽旗

製作国:台湾 / 製作年:2011年 / 日本劇場公開日:2013年4月20日 / 配給:太秦 / 上映時間:143分

概要

「海角七号/君想う、国境の南」のウェイ・ダーション監督が、日本統治下の台湾で勃発した、原住民族“セデック族”による大規模な抗日暴動“霧社事件”を、壮絶なバイオレンス・アクションで完全映画化した歴史超大作。日本公開に際しては、海外向けの短縮バージョンではなく、第一部&第二部連続上映による全276分の完全版(台湾ドメスティックバージョン)での上映が実現。本作はその第一部「太陽旗」編。

あらすじ

1895年、日清戦争で清が敗れると、台湾中部の山岳地帯に暮らす狩猟民族セデック族の集落にまで日本の統治が及び、平穏な生活が奪われていく。それから35年、父親の跡を継ぎ一族の頭目となったモーナは、村の人々とともに日々を耐え忍んで生きていたが、ひとりのセデック族が日本人警察官と衝突したことから、一族のおさえこまれていた感情が爆発する。

キャスト

リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、安藤政信、ルオ・メイリン、ダー・チン、ランディ・ウェン、木村祐一、春田純一、田中千絵、マー・ルーロン、ウー・ポンフォン

予告動画

タイトルとURLをコピーしました