ハッシュパピー バスタブ島の少女

洋画
ハッシュパピー バスタブ島の少女

製作国:アメリカ / 製作年:2012年 / 日本劇場公開日:2013年4月20日 / 配給:ファントム・フィルム / 上映時間:92分

概要

無名の新人監督によるインディ作品ながら、数々の映画賞に輝き、ついにはアカデミー賞でも作品賞を含む4部門にノミネートされた話題のファンタジー・ドラマ。そのアカデミー賞では主役の6歳の少女を演じたクヮヴェンジャネ・ウォレスが史上最年少の主演女優賞候補となり、こちらも大きな注目を集めた。現代社会から取り残されたかのような南部デルタ地帯の“バスタブ島”を舞台に、父とともに極貧生活を送る一人の少女が、自然の猛威に翻弄されながらも過酷な現実を逞しく生き抜く姿を、美しくファンタジックな映像を織り交ぜたマジック・リアリズム的筆致で力強く描き出していく。

あらすじ

米ルイジアナ州の湿地帯に、世間から隔絶された「バスタブ」と呼ばれる小さなコミュニティーがあった。少女ハッシュパピーは毎日がお祭り騒ぎのようなバスタブで気ままに生きていたが、ある日、大嵐が襲来したことをきっかけにバスタブは崩壊。さらに、父親のウィンクが重い病気にかかっていることを知ったハッシュパピーは、音信不通になって久しい母親を探しに外の世界へ足を踏み出していく。

キャスト

クベンザイン・ワリス、ドワイト・ヘンリー、レビー・イースターリー

予告動画

タイトルとURLをコピーしました